『随時更新』ホテル予約 タイムセール

電動キックボードのシェアリングサービス「LUUP」 自治体との連携協定の締結

電動キックボードのシェアリング事業の株式会社Luupは、関西では奈良県と連携協定の基本合意書を締結した。株式会社Luupは、本業務提携を通じて、電動キックボードのシェアリングサービス「LUUP」の提供開始に向けて実証実験を進める。具体的には、電動キックボードのシェアリングサービスの実用化、安全面の担保、設置場所の検討などを進めていく中で、住民の日々の移動を効率化させ、地域経済の活性化につながるサービス提供を中長期的に目指とするようだ。

目的

住民の移動効率の向上・駅から遠い不動産や店舗の価値向上・観光客の利便性向上を目指します。そのために、まずは電動キックボードの安全性や利便性の検証のために実証実験を行うようだ。

まとめ

電動キックボードが行動を走れるのかは法律的に詳しくはわからいが、楽天やAmazonで調べると価格は3万円~5万円ほどが主流で時速は20kmほど出るようだ。走行距離も20kmほどで、性能もマチマチであった。とっても便利は乗り物で、持ち運びにも便利でスペースの確保がそれほどかからない。まだ京都ではあまり見かけないが、今後利用者が多くなっていくのだろか、経過を見ていきたい。