『随時更新』ホテル予約 タイムセール

平安神宮の神苑の無料公開はフォトジェニックな場所

約2000株の花菖蒲が見事です。他にも種類の豊富な花々、池など見どころが多く年2回(春・秋)の無料公開は人気です。

大きな朱色の鳥居がシンボルの平安神宮にある 神苑が無料で公開されます。
毎年2回あり、夏と秋に無料公開が行われます。

梅雨入りするか、しかいかの初夏の花しょうぶが咲く頃(6月初旬)が1回目。
2回目は秋にあり、ちょうど秋の草花が咲く頃にお庭をむることができます。

この神苑は国の名勝に指定されており、広い敷地には池があります。

池にはなんとも風情がある飛び石があり、いかにもインスタス映えしそうな撮影スポットも多数あります。また、木造の橋もかかっていて、平安神宮で挙式された新郎新婦が撮影できるロケーションもバッチリです。この日は多くの人が訪れるので、少し混雑しますが、試しに一度足を運んで、もし良かったら人が少ないまた別の日に行ってみて写真をたくさん撮ってみてはいかがいたしましょうか。
その場合は、あらかじめ、どういった構図で写真を撮影するのか、よく考えておいてくださいね。

過去に友人もこの平安神宮で挙式して、この神苑を散歩しながら写真を撮りました。
和装結婚式ですので、庭と着物、紋付袴の二人はとっても絵になり、一生の思い出となりました。秋の結婚シーズンなどは最適なスポットとなることでしょう。