『随時更新』ホテル予約 タイムセール

京都のご利益スポット

歴史ある古都京都。
多数の寺社仏閣があり、パワースポットも点在。
目的のご利益スポットに行った後は、観光スポットをたくさん巡ることでなはく、「のんびり」と「ゆったり」とした京都を楽しもう。

縁結び

地主神社

清水寺の敷地内にある地主神社は京都では有名な縁結びのスポットとして知られています。
恋占いの石や、恋愛にご利益のあるお守りが特に人気があり、多くの女子やカップルが参拝しています。

詳細情報
住所:〒605-0862 京都府京都市東山区清水1-317
電話:075-551-1234
HP:http://www.jishujinja.or.jp/

幸神社(さいのかみのやしろ)

京都御所の北側、同志社女子中学校・高校の近くの住宅街にあるこの神社は縁結びや厄除けをにご利益あることで知られています。小さな神社ですが京都の鬼門を守る歴史ある神社です。

詳細情報
住所:〒602-0814 京都府京都市上京区幸神町303

白山神社

麩屋町りの御池通りを上がった場所にあるこの神社は歯痛のご利益があり歯科医院の人が訪れるようです。歯医者さんが歯痛いでくることは考えにくいにので、医院の商売繁盛でもお願いするのでしょうか。その昔、白山神社から持ち帰った塩を歯につけると痛みが治ったいわれています。

詳細情報
住所:〒604-0943 京都府京都市中京区 御池上る上白山町243 麸屋町通
電話:075-222-0173

市比賣神社

京都駅から歩いて行ける最近フォトジェニックスポットとして有名なこの神社。姫おみくじと言われているダルマ型の可愛らしい姿をしています。その姫おみくじがたくさん並んでいる姿をスマフォで撮影し、Instagramで投稿する女子が多いと聞きます。

詳細情報
住所:〒600-8119 京都府京都市下京区河原町五条 下ル一筋目西入ル
電話:075-361-2775
HP:https://www.ichihime.net/

下鴨神社

鴨川のデルタ地帯の近くにある糺ノ森で有名なこの神社は結婚式なども多く行われており、とても有名です。敷地内には美の神様として知られている河合神社があります。河合、かわいい、ということでしょうか。ここには鏡絵馬があり、自分達で絵馬にメイクをすることで美に関してご利益をお願いするようです。

詳細情報
住所:〒606-0807 京都府京都市左京区下鴨泉川町59
電話:075-781-0010
HP:http://www.shimogamo-jinja.or.jp/

須賀神社

平安時代の北側にあるこの神社は交通安全にご利益があることで知られています。交通安全のお祓いも可能。御朱印も300円を納めることで書いてもられます。住宅街の中にありとても静かですが周辺の道が狭く一方通行も多いので注意が必要です。

詳細情報
住所:〒606-8323 京都府京都市左京区聖護院円頓美町1
電話:075-771-1178
参照:https://www.jisyameguri.com/chiiki/kyoto/suga/

貴船神社

京都の奥座敷である貴船にある縁結びの神様としてあまりにも有名で全国各地から多くの観光客が訪れます。水の神様であることから古くから雨乞いなどの神事を行っていたと言われています。なかでも有名な「水おみくじ」は真っ白のおみくじを境内にある水につけると、不思議なことに文字が浮かび上がります。

詳細情報
住所:〒601-1112 京都府京都市左京区鞍馬貴船町180
電話:075-741-2016
HP:http://kifunejinja.jp/

今宮神社

京都市の北区紫野にあるこの神社は別名「玉の輿神社」とも言われており、994年創建の由緒ある神社。境内のとなりには有名炭火焼いて、きな粉をまぶす有名ななあぶり餅があります。人気観光エリアとは対象的に静かで落ち着いた雰囲気です。

詳細情報
住所:〒603-8243 京都府京都市北区紫野今宮町21
電話:075-491-0082
HP:http://www.imamiyajinja.org/

首ふり地蔵

清水寺の敷地内にある、あまり知られておらず、恋愛にご利益があるといわれ、若者に人気が出てきています。

泉涌寺

境内の観音堂に安置されている「楊貴妃観音像」楊貴妃といえば世界の美女として有名です。この御像をお参りすることで美に関してのご利益があるようで、化粧品メーカーなどが参拝されるようです。美に関連したお守りなどもあり、美を意識する女性にぴったりです。

詳細情報
住所:〒605-0977 京都市東山区泉涌寺山内町27
電話:075-561-1551
HP:http://www.mitera.org/

随心院

小野小町ゆかりのこのお寺は縁結びや恋文の上達にご利益があるそうです。世界の美女として有名小野小町ですから、そのご利益は期待できそうですね。

詳細情報
住所:〒607-8257 京都府京都市山科区小野御霊町35
電話:075-571-0025
HP:http://www.zuishinin.or.jp/

縁切り

安井金比羅宮

京都ではあまりにも有名な悪縁を切り、良縁を結ぶ神社。絵馬の形をした石に空いている穴を通ると縁が切れる、縁切り縁結び碑は大人気。次から次にくぐっていく人の姿た見られます。くぐり方にも作法があうようですので、公式ホームページをご覧ください。

詳細情報
住所:〒605-0823 京都府京都市東山区 松原上ル 下弁天町 70 東大路通り
電話:075-561-5127
HP:http://www.yasui-konpiragu.or.jp/

鉄輪井戸

「鉄輪井戸」の水を飲ませると、どんな縁でも切れるという、結構恐ろしい。

厄除け・火難

護王神社

少し珍しいこの神社は京都御所の西側にある烏丸通沿にあります。足腰の神様として有名でお年のかたや、スポーツをされる方々に人気があるようです。境内にはイノシシの石像があり神様のつかいとなっているようです。

詳細情報
住所:〒602-8011 京都府京都市上京区 下長者町下ル桜鶴円町385 烏丸通り
電話:075-441-5458
HP:http://www.gooujinja.or.jp/

大将軍八神社

妖怪ストリートがある一条通り沿いにあるこの神社。

詳細情報
住所:〒602-8374 京都府京都市上京区西町48 一条通御前西入ル
電話: 075-461-0694
HP:http://www.daishogun.or.jp/

白峯神宮

蹴鞠で有名なこの神社はサッカー選手などのスポーツ選手がご利益を求めて訪れます。春には蹴鞠神事が奉納され京都のニュースなどでよく取り上げられています。

詳細情報
住所:〒602-0054 京都府京都市上京区飛鳥井町261
電話:075-441-3810
HP:http://shiraminejingu.or.jp/

火之御子社

北野天満宮の敷地内にあるこの社。雷除け、火除け、五穀豊穣が祈願され、例祭では雷除けのお守りが授与されます。

詳細情報
住所:〒602-8386 京都府京都市上京区馬喰町931
電話:
HP:http://kitanotenmangu.or.jp/

壬生寺

新選組とゆかりのあるお寺として有名なこのお寺。本尊の地蔵菩薩立像は延命地蔵といわれ延命、厄除けのご利益があるようです。京都の路面電車である嵐電「四条大宮駅」から徒歩5分。京都の住宅街のなかに広い敷地があります。その他に壬生狂言が有名。

詳細情報
住所:〒604-8821 京都府京都市中京区壬生梛ノ宮町31
HP:http://www.mibudera.com/

吉田神社

京都大学の横にある吉田山い建てられたこの神社は京都御所から鬼門に位置しています。古くから続いている「節分祭」は京都でも有名な催事となっています。境内には料理の神様や、お菓子の神様がおられ、様々な社があります。

詳細情報
住所:〒606-8311 京都府京都市左京区吉田神楽岡町30
電話:075-771-3788
HP:http://www.yoshidajinja.com/yuisyo.htm

商売繁盛

伏見稲荷大社

外国人が行きたい京都の観光スポットして国内外より多くの人が訪れるこの神社。もともとは稲作の神様として五穀豊穣の神として知られいました。商売繁盛の神様としても有名で全国にある稲荷神社の総本社。初詣の参拝者数は関西屈指。

詳細情報
住所:〒601-8416 京都府京都市南区西九条池ノ内町98
電話:075-681-2616
HP:http://inari.jp/

松尾大社

京都の有名観光エリアの嵯峨嵐山から少し離れた場所にあるこの社。古くから京都の西の方角である白虎の地域であったため、都を災難から守る役目がありました。敷地の奥に進むと霊亀の滝があり、この水はご利益があるようです。このことから、お酒の神様としても有名。

詳細情報
住所:〒616-0024 京都府京都市西京区嵐山宮町3
HP:http://www.matsunoo.or.jp/

安産・子宝

わら天神

黄金に輝く金閣寺の近くにある天神さんは安産の神様として知られています。安産のお守りの中に入っている藁にふしがあれば男の子。ふしがなければ女の子と知られています。

詳細情報
住所:〒603-8375 京都府京都市北区衣笠天神森町10
電話:075-461-7676
HP:http://waratenjinguu.com/

詳細情報
住所:
電話:
HP:
目的のご利益スポットに行った後は、観光スポットをたくさん巡ることでなはく、「のんびり」と「ゆったり」とした京都を楽しもう。どこへ行くか、何を食べるかも自分で決めてストレスフリーの旅を満喫。