『ホテル関係者が教える』おすすめ宿泊予約

京都の新緑の見頃時期はいつ?有名「青もみじ」スポットをお教えします!!

京都では春の桜のシーズン、秋の紅葉シーズンはとても人気があり全国、または海外からたくさんの観光客が古都京都に訪れます。

残念ながら春や秋は多くの観光客で有名観光スポットは混雑していて、せっかくの京都らしい雰囲気を味わうことが難しくなっていいます。そこで、比較的観光客が少ない初夏の京都観光をお勧めしています。

なぜならゴールデンウィーク明けは非常に観光客が少なく、宿泊価格もとってもリーズナブでお財布にも優しいのです。

中でも新緑の青もみじはとっても綺麗で紅葉の紅葉とも匹を取りません。意外にも知られていない京都の美しい景色である、青もみじスポットを皆様にご紹介いたします。

青もみじが見られるシーズンは?

特に綺麗な新緑の青もみじはゴールデンウィーク明けから梅雨に入る期間に見ることができます。

それ以外でも4月下旬から8月末までもきれいな青もみじを見ることができます。先ほどもお伝えしましたが、この期間の京都の観光客は比較的少なく京都らしい雰囲気を味わいながら旅行を満喫することができます。

新緑の貴船神社と川床料理

京都の奥座敷貴船では清流と新緑、が人々を迎えてくれます。水の神様である貴船神社と新緑、贅沢な川床料理を堪能しに、ぜひ貴船に行ってみませんか?

貴船神社は新緑の青もみじに包まれています。この緑は貴船神社本宮入り口にある朱色の灯とのコラボレーションがとっても綺麗で、多くの写真家にとっても人気のあるフォトジェニックな場所でもあります。

京都駅から貴船のアクセスは少しややこしいですが、ご案内させていただきます。

簡単に言うと、京都駅から東福寺駅に行って、そこから京阪電車に乗り換え出町柳駅まで向かいます。

そこから叡山電鉄に乗り換えます。最後に貴船駅口で下車してください。

そこから貴船まではバスで5分から10分ほどかかりさらにバスの終点から貴船神社までは歩いて行くことになります。

途中、貴船神社までの道のりには涼しげな清流が流れています。

この貴船の川には夏の風物詩である川床が点在しています、約16店舗ほどの料亭や旅館が軒を並べて、全国各地からこの京都の奥座敷である貴船に訪れたいと各旅行会社の予約サイトからたくさんの予約が入るそうです。

貴船神社は本宮と北宮に分かれており本宮には山道の石階段の横には朱色の灯籠がいくつも並んでおりとても人気があるスポットとなっています。

本宮では占いの「水占いみくじ」が大人気で、何も書いていないおみくじを水につけると、どんどん文字が浮き上がってきて占いをしてくれます。

また本宮から10分から20分歩いた奥宮には舟形の意思がありとてもスピリチュアルな場所となっています。

ぜひ時間があれば北宮にも足を運んでみてはいかがでしょうか?

貴船散策をして少し休憩するときには奥宮近くにある貴船カフェ兵衛がお勧めです。

イタリアから取り寄せたエスプレッソマシーンのコーヒーと手作りのデザートで一息してみませんか?

おしゃれな店内は土壁と木のぬくもりが感じられる大変落ち着くことのできるデザインとなっています。

コーヒー、カフェラテ、抹茶ラテなどいただきながら日替わりデザートや手作りわらび餅をぜひご賞味ください。

祇王寺の青もみじと見事な苔

嵐山の奥にある祇王寺は青もみじと苔の撮影スポットであることから、今非常に人気のあるスポットとなっております。

京都駅からのアクセスはJRがとっても便利。青もみじと苔の撮影スポットであることから、今非常に人気のあるスポットとなっております。

しかしながら、嵯峨野の奥にあると言うことで比較的人も少なくゆったりと写真撮影ができる場所でもあります。

京都駅からのアクセスは嵯峨嵐山駅を下車し、そこから徒歩で20分程度の場所となっています。嵐山でも人気のある竹林を抜けて行きます。

多くの観光客が竹林を見るとUターンをして嵐山駅方面に戻ってしまいますが、そこから少し足を伸ばして北嵯峨野に行けば皆さんがあまり知らない穴場スポットがたくさんあります。起用事はその中でも私のオススメスポットでもあります。

嵐山周辺はとても広く歩いていると少し疲れてしまいますが、そんな時はレンタサイクルがとっても便利で観光が効率よくスムーズに楽しめます。

地蔵院と鈴虫寺

嵐山の観光スポットとして有名なのが鈴虫寺です。

少し嵐山駅から離れているのでバスを利用するか、先ほどもお伝えしたレンタサイクルを利用するのが便利です。

この鈴虫寺はたった1つだけ、どんなな願いことでも叶えてくれる草鞋を履いたお地蔵さんがいらっしゃいます。この鈴虫寺で人気なのがご住職さんの説法ですこれがとても面白く人気があります。

聞いたことのある人のお話を聞いたのですが漫談に近いようなとても面白い話だそうです。

大体30分位の話しとお菓子とお茶がついていて皆さん集中して話に聞き入っておられたようです。

今回は新緑の京都お伝えすると言うことでこの鈴虫寺のすぐ近くにある地蔵院をお教えします。

多くの観光客がこの鈴虫寺を拝観した後はすぐに嵐山方面に帰ってしまいますか。そこから歩いて5分ほどにある地蔵院はとっても人が少なくひっそりとたたずんでおり青もみじがとってもきれいな場所でもあります。

こちらも時間がある方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

この地蔵院の周辺は「とんち」で有名な一休さんが産まれたそうです。

拝観料は大人が500円です。周辺は住宅街となっており駐車場が狭くなっていますのでぜひとも公共機関をご利用の上、ご参拝ください。

南禅寺の水道橋

この水道橋は明治20年ごろに琵琶湖の水を引くために建てられた建築物です。

明治政府となり首都が京都から東京へうつされました。

京都では経済的にも気持ち的にも下火になっており何とか経済を持ち直そうと琵琶湖から水を引いてまた発電所を作って立て直そうとしました。

今でもこの南禅寺にある水路閣の発電所は稼働しています。

この水道橋の近くにあるインクラインは多くの、桜並木があり、春の桜が咲く頃には多くの観光客で近年賑わっています。この数年前まではこのインクラインではそんな光景は見られませんでしたがInstagramやFacebookなどで多くの人がこのインクラインの桜並木を紹介するので人気が出始めました。

広い境内の南禅寺のその片隅にひっそりとたたずんでいます。注意しながら歩いて回らないと見逃してしまうかもしれませんがレンガ造りの趣あるその姿はなぜか和風の自社仏閣と融合しなんとも京都らし雰囲気を感じ取ることができます。

特に美しいのが雨の降った翌日、レンガ通雨に濡れた水道橋と雨滴る落ちる青もみじの青々としたコラボレーションがとっても美しくフォトジェニックな演出を作り出します。

この南禅寺は座禅の寺とも知られてで朝から座禅を体験することができるのでとてもお勧めです。

南禅寺のこの大きな門は家かの、石川五右衛門が「絶景かな絶景かな」と歌った門もして知られており有名です。

この近くも京都の紅葉で有名な永観堂があり紅葉シーズンは多くの国内外の観光客で賑わいますがこの初夏の青紅葉のシーズンは観光客も少なく青々とした青紅葉をゆっくりと鑑賞することができまさに京都の観光の醍醐味を味わうことができます 。

あとがき

緑鮮やかな京都の青紅葉は混雑した桜や紅葉シーズンを避け、キラキラ輝く夏の京都を感じることができます、ぜひ旅に出かけてみませんか?

叡山電車に乗って美しい彩りある、青道と苔の共演した自然を感じにいきましょう。

紅葉のシーズンに多くの観光客が来る京都ですので紅葉の名所は青紅葉の名所でもありますので市内の至るところに青紅葉の有名スポットが点在しています京都で1番の有名なスポットとしては貴船などが有名ですし長岡京市にある光明寺などもとってもきれいですし、なんと、光明寺は紅葉シーズンの場合有料拝観となるのですが、それ以外は無料で拝観することが可能です。
観光客が少なくなる初夏の京都にぜひ足を運んでください。まだ知らない京都の魅力を知ることができると思います。夏の京都の料理もまた格別です。